Press "Enter" to skip to content

昔と違って、今時の貸し会議室はここまで変わりました

幅広い使用目的に利用できる貸し会議室ですが、いったいどこの内容のものまで利用できるのかなかなか分かりにくいところがあります。飲食自体がダメであったり、飲み物であればよいという決まりがあったりと貸し会議室によっても様々です。会社によっても細かい決まりは違いますが、いろいろなことができる貸しスペースになっています。では、実際、ミーティング以外に使う貸し会議室で、どのくらいの人数ではどの範囲で、どんなことで利用できるのかについて紹介します。

■少なめの人数での催し
10名以下の人数が利用できるスペースには椅子やテーブルの他に、小さなキッチンがついた貸し会議室があります。生徒さんへの学習会や少人数の教室、ワークショップ、個別指導、カウンセリングなどの教育に関する催しであったり、女子会や、お茶会などの楽しい行事も開くことができます。

■中規模の人数
数十名規模人数であれば、スペースも広く使える貸し会議室があります。椅子の他に10名ほど座れるソファーを設置している部屋もあります。研修会や研究会、学習会の人数を増やしてできます。部屋が広くなるので、何かを広げて作業したりすることもできます。撮影であったり、ヨガやダンス等の体を使った活動にも利用できるスペースです。

■100人以上の大人数
人数が多くなると、ホテルや市の施設を利用した理というイメージですがー、貸し会議室によっては、講演会や、セミナーができる貸し会議室の設備をもった会社があります。大人数が一度に集まりますので、大規模の説明会や、発表会、懇親会、パーティ等を行うことができます。また、貸し会議室の会社によっては、説明会後に懇親会をしたいということであれば、ケータリングまでその会社から予約ができるところもあり、大変便利です。

■気なる費用
人数による部屋の広さや設備等によって金額はさまざまです。会社によっては継続利用であったり、長時間利用者の人への料金設定などもあります。とても借りやすくなった貸し会議室を利用して、仕事に趣味にますます活躍の場が広がります。